ホーム子育て ≫ セレブ妻の裏に過労夫で幸せか?見え消費のスパイラル

セレブ妻の裏に過労夫で幸せか?見え消費のスパイラル

セレブな妻

35歳・年収800万円でも“不幸”な現実――うつ病寸前の過酷労働を強いられる雇われ店長 というタイトル記事をMSN で読んだ。

参考元→ 35歳・年収800万円でも“不幸”な現実――うつ病寸前の過酷労働を強いられる雇われ店長

わたしの夫も記事に出てくるような男性の状況で働いていて、実際にうつ病を発症しちゃったんだよね。

お金をたくさん稼げれば幸せだと教え込まれて育った節があるんだけど、やっぱ違うよなぁと、記事を読んで思った。

さらに気になったのが、「見え消費」スパイラルってやつだ。

記事によると、「見え消費」とは、具体例としては以下のようなもの。

「一人娘が通う近所の幼稚園は、偶然にも卒園生の半分以上が“小学校お受験”をする名門。一流企業に勤める親御さんばかりで、兼業主婦なんておらず、妻もママ友付き合いもあってとにかくカネがかかるんです」

 幼稚園の他の子供と同じようにブランド服を着させ、習い事をさせ、送り迎えのためのハイブリッド国産車を買う、まさに“見え消費”のスパイラルに陥った典型だ。



これに対して夫はどんな生活なんかと言えば、

「一方の私は、店と自宅の往復で、昼は弁当、夜は冷めたご飯を食べる生活。この2年で15kgも痩せました」



こんな妻に対して、節約しろ!と言えないのは、ほんとうは自分も妻みたいにセレブっぽく生活したかったからなのか、愛情なのかはよくわかんない。

だけど、妻も夫がこんな状況になってんのにママ友付き合うことの方が重要なのかな?と思っちゃう。

毎日、多くの時間を過ごすのがお金持ちな旦那を持つ女性ばかりだと、感覚が狂っちゃうのかなぁ。

目の前の苦しそうな現実から目を背けて、「妻だもん」「女性だもん」「ママだもん」って夫に過労を強いつつ、今、たまたま住んでいる地域の人たちとの時間を楽しみたいのかなぁ。

MSNの記事の妻の夢は、叶っているのかもしれないね。そういう女性って少なくないんじゃないかなぁ。

稼ぎが良い夫と結婚して、専業主婦になって、お金持ちのお友達を作って、子供にいっぱい習い事させて、そのうち子供は偏差値の高い大学へ進学して、有名企業に就職して・・・ってね。

こういう夢を抱く気持ちがわからなくもないんだけど。全部、他人の力じゃない?って思ってしまう。

影で夫や子供を支えるべく、良妻賢母してる人は尊敬するんだけどね。

「妻のおかげで安心して仕事に全力で取り組めます。感謝してます」系の人ね。

でも・・・家族をじぶんの「見え」を満たす道具にしちゃうのって、美しくないよなぁ。
この記事に出てくる妻に嫌悪感を抱くってことは、わたしはこういうタイプが嫌いで、こういう人とはお付き合いをしたくないんだってことが、この記事を読んでわかった。

じぶんの「見え」を満たす道具にしてるな!この発言は「愛」じゃないな!ってわかるよねぇ。

子供も、夫も愛されてないと思うと、離れてっちゃうぞ~wって思うのは私だけか?

広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示