ホーム節約術 ≫ ユニクロの返品祭りに学んだ買い物を失敗しやすいの法則

ユニクロの返品祭りに学んだ買い物を失敗しやすいの法則

楽天、ユニクロもヤフーもセールが年に何度もありますね。何度もあると思いつつも、ワクワクしちゃいます。でも、1つだけ注意しておきたいことがあります。それは「(何を買うか決まってないけど)何かを買いたい!」と思う日は買い物を失敗しやすいという法則のこと。

空腹でスーパーに行って食品をどんどんカートに入れてしまった。買い過ぎた。そんな経験ありませんか?わたしはあります。

これと服も同じなのだそうです。スーパーセールだ!50%OFFだ!1週間限定だ!という言葉と雰囲気で「何かを買いたい!」という気持ちがわいてくるのは当たり前。そんな日こそ注意が必要なんだとか。

セールの時にまとめ買いしなくちゃ!と思いがちなんですが、実際にはセールの時には、セール前から買う予定だった服。買い物リストにメモしたアイテムだけを探すのが、買い物上手になるポイントなのです。

以前、日帰り旅行で寄ったサービスエリアのフードコートでのこと。隣に座っている大学生らしきグループがユニクロでのアルバイトを愚痴っていました。

その内容は、ユニクロ感謝祭の後は返品祭りが待っているのだそうです。試着もしないで、とりあえず!と買い込んで家で試着して返品する人が大勢押し寄せて店員は大忙しなんだとか。「着ないなら買うなよ。返品処理は面倒なんだ。」というのが本音なようです。
過去記事⇒ユニクロ感謝祭後は返品祭り

実際には不要だと気づいても返品にいくのも面倒で、そのまま家に置いておく人が大半なんでしょうねぇ。勘が優れていて買い物を絶対に失敗しない!なんて天才でないことを自覚しているので、地道に買い物リストを作ってバーゲンを楽しむことにしま~す。

広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示