ホーム節約術 ≫ ファミリーカレンダー愛用4年目 ファミリーカレンダーの活用方法と選び方

ファミリーカレンダー愛用4年目 ファミリーカレンダーの活用方法と選び方

ファミリーカレンダー
家族全員の予定が書き込めるファミリーカレンダーを愛用し始めて4年目になります。おそらく子供の予定を把握する必要がある限りわたしの人生の中で手放せないマストアイテムの1つです。
そんなわたしのファミリーカレンダーの選び方とファミリーカレンダーのおススメ活用法をご紹介。

ファミリーカレンダーの選び方


1)家族の人数分欄があるか?

2)メモ欄があるか?

3)気に入ったデザインか?

この中で一番重視しているのが2)のメモ欄です。

家族別欄を利用して、それぞれの予定を書き込むのが基本ですよね。しかし、実際に生活していると11月にやることは決まっているのだが日付までは決まっていない用事が意外に多かったのです。

例えば、車検とかスマホの乗り換えとか・・・。そんな「月」しか決まっていない予定を管理するのに役立つのがメモ欄だったのです。

以前、節約しようと小さめ&安めのカレンダーを購入したらメモ欄がなくて不便な1年を過ごしました。サイズは小さめでもいいのですが、メモ欄があるファミリーカレンダーが絶対におすすめです。

後はデザイン。1年間も使うんだから好きなデザインって大事ですよね。ちなみに我が家はリラックマです。娘も大好きなリラックマに1年間ほっこり癒してもらいます。

amazonで探す⇒ファミリーカレンダー
楽天市場で探す⇒ファミリーカレンダー

ファミリーカレンダーのおススメ活用法


我が家も最初は予定を書き込むだけだったのですが、日に日に役割が増してきたのが日記的役割。

今日は禁酒したとか、ピアノのレッスンをしたとか、ジョギングをしたとか、外食したとか・・・そんな日記的メモです。

日記ほどの重さ面倒さもなく、気軽に短時間でメモを残しています。メモを残す習慣ができたことでメリットを実感しています。

・子供たちの「最近、外食してない~」という感覚だけのわがままにも「いや、先週外食したでしょ!」と即答できます。
・夫が地道に続けている筋トレも20日も続いていると思うと、やめたくなくなると夫が言うようになりました。
・5分間漢字の練習を続けようと子供と約束したのに、実践できていないことがクリアになります。

日記やメモを取る行動は、惰性になっている行動を改めたり、新たな習慣作りに効果的だとわかっていながら、なかなか実行できないケースが多いんですよね。

でも、ファミリーカレンダーに書くだけなら簡単なので実行できちゃうのです。

じぶんの欄があるというのも大きなポイントです。自分の欄に自分で何を書き込んでも自由だという意識があるので、日記的要素が書き込みやすいんですよね~。

そんなわけで、家族全員がファミリーカレンダーを気に入っている我が家です。どんなにおしゃれなカレンダーをいただいても見向きもせずにファミリーカレンダー愛用してます。まだまだファミリカレンダー未経験の方は、ぜひ来年ファミリーカレンダーをお勧めします。

広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示