ホーム服・衣類の断捨離(衣) ≫ 洋服(衣類)が捨てられないと悩む気持ちをラクにする話

洋服(衣類)が捨てられないと悩む気持ちをラクにする話

洋服が捨てられない、減らせない自分はダメな奴だ。こんなんだから、人生がうまく行かないんだ。こんな自己否定でいっぱいになった時期がありました。でも、今は洋服が捨てられないと自己否定をすることが、ぐっと減りました。それは、考え方をちょっと変えたからだと思う。

モノをため込むのはダメな人間。モノが多すぎると運勢が下がる。家が汚いと悪霊が寄ってくる。断捨離をして運が開けたとか、モノを減らしたら彼氏ができたとか、そんな話を耳にしますよね。それは嘘じゃないかもしれない。本当かもしれない。

だからこそ洋服が捨てられないと悩むんですよね。

でもね、本音を大切にすることと、人生はすべて塞翁が馬なんだと思うようになったら、捨ててなくても平気になった。捨ててないのは、本音では捨てたくないからだ。

服を減らすためにゴミ捨て場に運ぶ作業をするくらいなら、その場に置いておきたいのだろう。

捨てるべきものを分別作業するくらいなら、テレビを見ていたいのかもしれない。


そんなもんって言われるかもしれないけど、それが本音なんだと思う。

今では捨てられない時は「捨てたい」ってのは建前で、「捨てたくない」ってのが本音なんじゃないかと思うようになった。教科書的に考えたら一般論で考えたら、すぐに捨てることが吉であるケースがほとんどだろうね。

でも、人生分からない。奇跡なんて予想外なんてポンポン起きるし、未来を完璧に予知できる人はいない。

服が捨てられないと悩んでたからこそ、素敵なブログに出会うかもしれない。素敵な誰かにアドバイスをもらうことができるかもしれない。捨てらないと悩んでいるモヤモヤした気持ちが溜まって、一気にミニマリストになれちゃうかもしれない。災害や戦争で服がないと悩んでいる人に着ていない服を送ろうと決意する日が来るかもしれない。


不思議と頑張らなくても捨てる行動ができる日が来るんじゃないだろうか?

今は、捨てなくてもいい理由があるんじゃないんだろうか?

そんな調子で過ごしていると、ふと捨てよう。手放そうと、決心がつき行動ができる日がくるものでして、白の入学式用のワンピースも意気込むことなく、なんとなく「あぁ手放そう」と思い実行したワケです。

こんな私の記事を読んでいるわけですから、おそらくあなたは「捨てられない」と悩んでいる可能性が高いですね。安心してください。捨てなくても大丈夫ですよ。

でも、捨てても大丈夫ですよ。ほんとうは、どっちでもいいんですよ。服は少なく平気ってのも本当なんですよ。8割捨ててもマジで生活できちゃうと思う。

ただ言えることは、服を捨ててない自分を自己否定して凹んでるなら、「今は捨てなくても、まぁいっか~」って気楽でいてくれたほうが楽ですよ。悩んでも捨てないなら目の前にある服の枚数は同じでしょ?だったら「まぁいっか~」で気楽にしていた方が得だと思うだけどな。

あ、悩みたいならどうぞ好きなだけ悩んでくださいね。それがあなたの望みだもの。



広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示