ホーム服・衣類の断捨離(衣) ≫ まだ着れるけど似合わない服を捨てられた理由

まだ着れるけど似合わない服を捨てられた理由

今日はまだ着れるのだけども、似合わない服を断捨離しました。今回は断捨離を実行するまでの心の動きと断捨離できた理由を自己分析してみます。

服自体は傷んでいない。まだ着れるコンディション。

お店でいろいろ迷って買うと決めた服。なんだけども、実際に来て出かけてみるとなぜだかしっくり来ない。家で着てみると似合っていない気がする。

そんな服ありませんか? わたしにとってのそんな服がコレ。
似合わない服
入学式用に買ったスーツ。白のスーツにあこがれてたし、かわいいじゃん!って購入しました。何度か着ましたが、家に帰って着てみるとなんだかしっくりこない。てか、我ながら似合ってない。でも買っちゃったんだからと、がんばって着てきました。

とりあえず今持ってる服を着れば、その日1日はなんとか終わるし。
わたしが何を着ているかなんて周り人は気にならないだろうし。
似合ってなくてもTPOに合わせてるから問題ないし。

そんな考え方でした。

「似合ってないんじゃない?本当は着たくないんじゃない?」
そんな本音に蓋をして着てきました。

でも、服を減らすことにチャレンジを始めたことによって、芽生えた「似合う服だけを着よう」という意識。この意識が芽生えたことで「似合っていないけど、まだ痛んでない服」を捨てる勇気が湧いてきました。

出産後はじぶんに似合うかどうかを考える心の余裕がなくなっていましたが、やっぱり似合う服を着ると気分がいいのです。自己肯定感がUPする気がするんだよね。

どうせ手元に置くなら自分に似合うスーツにお金を払って、似合うスーツを置くためにクローゼットのスペースを使いたいな~と思うようになりました。

そんなわけで断捨離する勇気を出して、白のスーツと同様の理由でピンクのスーツ用の薄手のニットをブックオフで売ってきました。数百円のお金にしかなりませんでしたが、気持ちはスッキリ!クローゼットもスッキリ!

すぐに自分が好きな服や似合う服をはっきりさせることは、できないかもしれません。

でも、毎日1分だけでも、ほんのちょっとでも「自分が本当に好きな服ってどんな服なんだろう?」「じぶんで自分に似合うなって思う服はどんな服なんだろう?」「どんな服が好きなんだろう?」そう考えることで、少しずつ意識が変わっていくし、断捨離を気持ちよく頑張らなくても実行できるようになるのだな・・・そんな風に思いました。これからも自分の意識を意識していきたいな。

広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示