ホーム断捨離のやり方 ≫ お客さんがいつ来ても平気な部屋になっても不幸だった理由

お客さんがいつ来ても平気な部屋になっても不幸だった理由

掃除機

主婦なら誰しも家事の優先順位ってものがあると思うんです。以前のわたしは「掃除機かけ」と「トイレ掃除」を比較した場合、掃除機かけ(床掃除)の方が優先順位が高かったんです。まぁ、ほぼ無意識でやってました。

でも、自分のが本当にほしいモノ、夢、本音を自問自答した結果、掃除機かけとトイレ掃除の順位を意識して変えることにしました。その理由は、こんなんでございます。

お客さんがいつ来ても平気な部屋が夢って本当?


よくお客さんがいつ来ても平気な部屋がほしいという声を耳にしますが、本当ですか~?

宇宙の法則で何かを手に入れるには、お金だったり時間、労力など何か犠牲という一般的にマイナスなこと、成功の裏側の何かを受け入れる必要があるんですよ。これは、もうどうしようもない。

例えば、今回の例で挙げた「お客さんがいつ来ても平気な部屋」ってのを手に入れようと思ったら、具体的に自分がやるべきこととして「常にきれいな部屋」という状態を作る必要がでてきます。

一人暮らしならまだしも、家族と暮らしていると「常にきれい」に保とうとすると、主婦の労力と家族の協力が欠かせません。

うちの場合、以前「お客さんがいつ来ても平気な部屋」を実際に目指して行動していた時期があるのですが、夫も子供も「片づけすることに時間も労力も使いたくない」というのが本音でしたので、本音に従って、読んだ新聞は出しっぱなし、脱いだ靴下も落ちてる、読んだ本はそのままそこに放置。といった状況でした。

子供と夫はママが勝手に片付けてくれることに関して反対はしないというスタンスだったので、ママが場所を決めて、ママが戻しておいてくれることに関しては反抗はありませんでした。なので、出す専門の子供と夫。戻す係のママという図式に陥りました。

当然のことながら、戻す係のママという図式は苛立つんですよ。わたしばっかり!とか、家でくつろぐ子供と夫を見ては腹が立つわけです。腹が立つので、くつろいでる家族に向かって「片づけしなさい!」「散らかすな!」と怒鳴りつけちゃうという流れでした。

片づけは正義なのか?


くつろいでる家族に向かって「片づけしなさい!」「散らかすな!」と怒鳴りつけちゃうと、すっかり寛ぐ雰囲気がなくなっちゃうんです。(当たり前w)

でもさ、止めらんないの。お片づけをすることは正しい!正義じゃ!片づけをしないやつは悪じゃ!ってな真面目小学生女子の頃からの固定観念のまま暴走しちゃうんだよね~w

怒るママを見て、子供も夫も慌てて片づけを始め、片付け終わると部屋はスッキリ。「やっぱり片付くと気持ちいでしょ!片づけしようね!」と正論を唱えるわけですが、なんだか気持ちはもやっとした何かが残ってました。

なんだろ?このモヤモヤ感・・・・((+_+))

長い間、モヤモヤ感の理由がわからずにいました。

願いがかなっても不幸な理由


過去に「願いが叶う決定の秘密と断捨離の共通点」という記事を書きまして、その記事を要約すると「自分の中でこうする!と決めると願いが叶う」というお話であります。

今回の「お客さんがいつ来ても平気な部屋」という例では、「お客さんがいつ来ても平気な部屋にする!」と自分の中で決め、一応願いはか叶ったものの、心がスッキリ幸せを感じてくれないというジレンマに陥ってしまっています。

なんでかな~?

なんでよ~~?

と不思議に思っていたんですが、「自分の本音を無視して願いを決めてるからこじれるんじゃないか?」「マイナス面を受け入れる決断はできてなかったんじゃないか?」というのが私なりの答えであります。

自分の本音を無視して願いを決めてる


「お客さんがいつ来ても平気な部屋」って言葉では一行ですが、実際にはいろんな部屋の状態があります。具体的にどんな部屋?って考えたときに、ミニマリストさんの部屋や、雑誌やテレビで見かけた部屋をイメージしてました。

確かにそんな空間が実現出来たら素敵だと思う気持ちは本音なんですが、それをキープするために長時間、労力も時間も使うのは嫌だという本音も存在し、それに気づいていなかったからモヤモヤ&イライラしちゃったんです。

家で寛ぐ家族がうらやましかったんです。よい子ぶってましたが、本音はモノが少々床に落ちててもくつろげちゃうし、床に髪の毛が落ちてても平気。

「お客さんがいつ来ても平気な部屋」を手に入れるために犠牲にする労力や時間。家族との摩擦を受け入れる覚悟なんて決意なんて全くできてませんでした。

不快感を元に本当の願いに気づく


あぁ、私が本当にほしいのは「くつろぐ時間」だったんだ~~と気づいたわけですが、かといって汚部屋ではくつろげないってのも本音。お客さんに汚い部屋を見せたくないってもの本音。でも、モデルルームみたいじゃなくていい。

あ~でもない、こ~でもないと、自分と自問自答して落ち着いた本当の願いは「お客さんが来るとわかってから15分くらいで片付く家」です。

それを考えると、掃除機はお客さんが来ると分かってからリビングだけ掃除すれば間に合うんです。モノも拾えばなんとかなる。モノもそんなに多くないしね。でも、トイレ掃除って意外とやっかいで、自分の中で汚れたトイレをみられなくないな~って思いがあることに気づきました。

そんなわけで、毎日トイレ掃除はする。でも、掃除機かけは気になったら掃除するで足りる。息子も旦那も掃除機かけは嫌じゃないから、頼みやすいしね。

ってなわけで、自分と家族が本音で心地よい具合に着地できました。

自分も子供のころ、片づけをするために家に帰ってきたりなんかしてなかったしな~。家に着いたら、一番やりたいことは寛ぐことだったよな~。と、子供の頃の気持ちを思い出したりもしました。

ルール変更いうか意識変更することで、部屋は以前よりもちょっと汚くなりましたが、くつろぐ時間は増えました。

片づけ本も、TVの片づけ特集もついついみちゃうけど、ほんっとにやりすぎ注意ですよ。イライラ、、モヤモヤしてたら本音とずれてるってシグナルかもしれませんよ~。

広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示