ホーム太陽光発電の記録 ≫ 太陽光発電を設置しようと思ったきっかけ

太陽光発電を設置しようと思ったきっかけ

太陽光発電を設置しよう!と
思ったきっかけを書いてみることにします。
結論から先に書いてしまうと、理由は以下の2つ。

理由1)10年単位で考えれば光熱費ゼロが可能になる

理由2)「原発を断捨離」できたらいいなと思った

↓励ましのポチッは心の糧ですw
ブログランキング・にほんブログ村へ 

1)10年単位で考えれば光熱費ゼロが可能になる

家計なかで大きな出費の1つが光熱費です。
汗水たらして、心を鬼にして節電をがんばっても、
実際にはわずかな出費しかおさえることができないのが現実。
(基本的な節電はすでにやっている前提でねw)

それに対して太陽光発電は初期投資とある程度のリスクは伴うものの、光熱費をゼロにしてくれる可能性が高いのです。
10年の買電保証がある今はチャンスだと思ったのです。
老後の生活で光熱費がゼロだったら素敵じゃないですか。
( ̄ー+ ̄)キラリ

2)「原発を断捨離」できたらいいなと思った

理由2を思うようになったのは、原発の事故がきっかけ。

東日本大震災があって、原発の事故が起きて・・・
いつかは脱原発を実現させてほしいな、とは思うものの
じぶんができることって、節電くらいしかないのかなぁ?

いや、太陽光発電の設置なら我が家でも可能だし、
単なる節電以上の効果はあるんじゃない?

いろんな問題が絡み合って、難しい問題ですが、よい方向に進んでくれることを願っています。

↓訪問ありがとうございました。
↓応援ポチいただけると とてもとても嬉しいデス
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村                 人気ブログランキングへ

広告


関連記事

コメント

原発を断捨離するには、もっと気合が必要です。

こんにちは
1)は正解ですが、
理由2)太陽光発電は「原発を断捨離」する方法の1つだから
は、残念ながらちょっと違うかもね。
ベース電源という思想が欠けています。
太陽光は、夜は、発電できません。
雨の日もほとんど電気が得られず、発電電力は、予測が不可能だからです。
猛暑のエアコン利用によるピーク電力を抑える効果は最強なので、数軒に1つの発電所があると都合がよいようだけど、ベース電源にはなりえません。
北海道の冬の夜間に電力不足は死活問題です。

たまたま、国の政策とか、手軽さがあって、太陽光が急激に増えていますが、これはバランスがあまりよくありません。

中部電力は、もともと、原発の依存度が低く、火力LNG調達力に長けているので、今回の値上げで、黒字になるようで、しばらくは、やっていけるでしょうけど、他の電力会社は、相当やばいです。
企業の電気代は震災前の3割以上上がっており、さらなる値上げは、景気腰折れの要因となるでしょう。

やっと国も洋上風力にも力を入れ始めましたが、他にも、バイオマス、水力など、太陽光以外の再生可能エネルギーをバランスよく取り入れて、火力で補完できるようにならないと、難しいでしょう。
いずれ国の政策で、中部電力以外の電力会社は再び稼働することになるでしょう。

本気で、原発を断捨離と思う方は、電力会社の契約を打ち切り、
自立系太陽光だけで電気を賄ったり、電力契約を5Aという最低契約にして
冷蔵庫位しか使わないという活動をしている方がいらっしゃいます。

さすがに、これはまねできない。

結局一般家庭でできるのは、節電と太陽光発電
そして、次は、蓄電池の導入でしょうか?

ひよりさんのところは、一般平均からしたら凄い節電ですよね。
24時間換気も動かしているのに、素晴らしい節電家だと感じてます。

蓄電池は、まだ元が取れるほどのものではないので、停電、災害時のバックアップに
魅力を感じる一部の家庭にしか売れていません。
しかし10年経過し固定買取制度から外れたら、太陽光をつけている一般家庭に蓄電池が爆発的に売れると思います。
固定買取制度適用外の現行の買取価格12円/KWh程度になると予想でき、売るより、貯めて太陽光で賄えない夜間使うのが経済的になるからです。

ひよりさんのところなら、余剰電力を蓄電池に貯めて使えば、ほとんど電力を買わずに自給できるとおもいます。
とりあえず、固定買取制度期間の10年間は、太陽光発電で、余剰売電をお楽しみください。
節電しただけ、売電が増えますからね。

七転び | 2014.06.20 20:23 | URL[ 編集 ]


難しいですよね。

七転びさん コメントありがとうございます。
知識の深さと的確なアドバイスには、毎回感心させられてしまいます。
実は旦那にも、蓄電の技術や、自然エネルギーとよばれるモノが、いまはまだ原発に変わるほど安定して電気が供給できないから、今はまだ簡単に脱原発なんて言えないのだ、と言われたことがあります。
残念ながら、それは認めざると得ないと、わたしも思います。
現状では、実際のとこ電気を中電から買わずに生活するのは無理なんですよね。
それでも太陽光発電を設置することは、未来のための投資にはなると考えてます。
うちの投資なんて全体からみたら、微々たるもんですけど^_^
自分たちだけではなく、地球のためにも。
10年後の技術革新に期待&応援してます。
うちの太陽光発電システムなんて古くてレトロと言われるくらい進歩してくれるかも?

ひより | 2014.06.20 23:39 | URL












管理者にだけ表示