ホームはじめまして ≫ ブログの更新が止まった理由と素敵な人という罠のこと

ブログの更新が止まった理由と素敵な人という罠のこと

こんにちは、ひより子です。

これまではひよりってペンネームだと多くの人と被るので、これからは、ひより子と名乗ってみます( ;∀;)

今までの私のブログとの付き合い方と、これからの話をつづります。
誰かの参考になれば、幸いであります。


これまでこのブログでは太陽光の話から始まって、断捨離すごい~って話を書いて、途中から断捨離を苦しみ始めて、結局更新が止まっていました。

このブログがスタートしたきっかけは、「ブログって稼げるってほんと?」という好奇心。だから、売れたら高額そうな太陽光を書き、読者が集まりそうな断捨離をやって書いてきました。

太陽光でちょっとお小遣いは稼げましたが、楽しくない!じゃあ、書くことを変えてみようと、断捨離ネタで1日2万アクセスくらいまで伸びました。が、1年を経過した頃から断捨離自体に疑問を感じ始め苦しくなり、断捨離もブログも更新頻度が激減。それに比例してブログからの収入も激減。ますます、ブログを書く意欲がなくなりました。

しばらくは、わずかとはいえ収入減になっているブログを止めるのも怖くて、無理やり断捨離やシンプルライフのことを書いてました。でも、やっぱり面白くない。アクセスも伸びない。

いろいろ悩んで思い切って、ブログと断捨離を断捨離することにしました。つまり、ブログも書かない。断捨離もしない。

ブログも書かなくていい。断捨離もしなくていい。そんな毎日はとても気軽で、軽やかでした。

そんなある日、自分の心を生きる第15歩〜素敵な人の落とし穴〜という記事と出会います。

「他人から素敵に見られるもの」と「自分の好きなもの」は全く別ものです。

「他人から素敵に見られるもの」に頭のアンテナを張り出すと

お望み通り「他人から素敵に見られるもの」たちの情報を集め出します。

そしてそれらがまるで「自分の好きなもの」だと錯覚を起こし始めるんですね。

自分の好きでもないものを取り入れ、心はだんだんストレスを溜め始め

その内側で起きる葛藤は現実世界のあらゆる部分に不協和音を鳴らし始めるので

「素敵な人」のハリボテの完成と同時に

体調不良や人間関係のトラブル、お金の問題。
こういったものを体験することになります。

情報じゃなく、見え方でなく
シンプルに「自分の好きなもの」にアンテナを張ってください。
そうすれば「自分」が浮き彫りになってきます。
心のストレスがどんどん無くなっていきます。


ミニマリストさんや、断捨離を成功させた人たちや、シンプルライフをテーマにブログを書いてる人たちの生活って、とても素敵なんです。素敵にみえるんです。

素敵だな~って思って目指すとこまではOKなんです。本気で本音で面白い。

これが私のブログでは断捨離してモノをバンバン捨ててるあたりですね。ブログも本音で書いてます。捨てるの快感だったのは本音です。

でも、途中からおかしくなり始めます。他人の目を気にし始めます。

あの人はもっとモノが少ないとか、あの人は無印使ってるのにわたしはダイソーだとかw
ブロガーのあの人のやり方・考え方は素敵なんだから、そうしなくちゃ!
反対する家族は間違ってる!もっとモノは減らせるはず!
そうすれば、もっと素敵になれるはず!いや、そうしなくちゃ素敵になれない!
がんばれ!

ってな感じでした。自分の好きでもないモノを取り入れ始めてますね。
断捨離でいうとこの、他人軸だらけです。自分軸を探すはずの断捨離が素敵な誰かという、他人軸にすり替わってます。

このあたりから心は苦しくなり始めます。

薄々この違和感に気づき始め、断捨離を疑う記事も書いたりもしつつ、不安定な状態が続きます。

1日2記事書いてるブロガーさんのアクセスはすごいらしい。
あのブロガーさんはもっとモノを捨てたと書いている。

記事が書けないし、アクセスも伸びない。モノも減らせない私は問題だらけ。ダメな人間なんだ~。

自己肯定感を高めたはずの断捨離で、思いっきり自己否定しちゃってます( ;∀;)

自己否定満載なわたしだったのですが、部屋はとってもきれいで素敵でした。

モノを減らしたので、お部屋はすっきり☆彡
床の雑巾がけだって、玄関掃除だって、トイレ掃除だって毎日してました。
子供のためを思って、自分の好きなことに使う時間を我慢しました。
家計のためを思って、節約し自分のことにお金を使うことは極力避けました。
自分の両親や夫の両親にも感謝の言葉を綴りました。

素敵な良妻賢母です!

周りからの評価は高いんです。でも、なんだかイライラが溜まって爆発しちゃう日があったり、なんだか頑張っても結果が出ないことが多くて「なんで~?」って思ってました。自分の自分への評価と、周りからの評価のギャップがすごかった。つらかった。でも、やめられなかった。

素敵な人のハリボテが完成してたんですね(´・_・`)

ハリボテは、ハリボテ。本物じゃない。

自分の心を生きる第15歩〜素敵な人の落とし穴〜を読んで、「自分の好きなもの」を錯覚していたことに、気づかされ、頭をがつーんと殴られたようなショックを受けました。

心のどこかで感じていた違和感は「自分の好きなもの」を錯覚してるよってことだったんだ!と気づきました。

断捨離が悪いんじゃない。シンプルライフが悪いんじゃない。ミニマリストが悪いんじゃない。


本音がわからない自分があっただけだ。


そんな気付きを得たと同時に、「よい人」「素敵な人」という罠?に嵌って、本音がわからず、本音に逆らい苦しんでる人がいるんじゃないか?と思いました。

断捨離と素敵な人というハリボテと、本音で生きることをブログに書いてみたい!という気持ちが沸いてきました。

しかし、もう一人の自分が囁きます。あなた自身、「本音がわかってない」とこに気づいただけで、本音探しのノウハウも実績もない。なんの成功体験もない。そんな人間が書いて誰が読むの?役に立つの?Happyちゃんや、心屋さん。他に立派で人気もあって、ノウハウもあって、結果も出してるブロガーが山ほどいるんだから、あなたはそれらのブログを読んで、自分で試してるくらいが丁度よい立ち位置じゃないの?アクセスが伸びないって苦しみだすだけじゃないの?よい人ぶってる知ったかぶりなだけに、陥るんじゃないの?

ここに私の思い込みがいっぱい詰まってます。

「結果を出してからじゃないとダメ」
「ノウハウが確立されてないとダメ」
「アクセスがないとダメ」
「結果が出ると確約されてないことに時間を使うのは無駄」
「絶対に続かないなら、始めちゃダメ」

ダメだしだらけです。わたしのエゴはわたしの本音にどれだけのダメ出しをしてきたんだろう?

ふと、ブログを書きたいなって思った。

こんな理由だけで、ブログを書いちゃいけないんだろうか?


ハリボテな自分で、未熟な自分で、よい人ぶってる自分で、文章が上手じゃなくて、アクセスがなくって、絶対に続くって保証がなくて、そんな「わたし」じゃ、ブログを書く資格はないって、言ってるのは私だ。

わたしには問題があるって思っているのは、私だ。

でも、こんなわたしがブログを書いてもよいって許可を出すのも、私。

採用したいルールがあるとすれば、「本音で書きたいって思ったことを本音で書きたいって思った日に書くべし」これだけ。

「本音に気づき、自分の心と向き合ったら人生はどうなるのか?」これは本気で知りたい。体験してみたい!!

よい人ぶった文章を書く日もあるでしょう。本音の日もあるでしょう。書かない日もあるでしょう。伝わらない文章の日もあるでしょう。でも、いいんじゃないでしょうか?

音楽を聴きたいと思って聞くように、本を読みたいと思って読むように、コーヒー飲みたいって思って飲むように、ブログを書きたいって思って書いてもいいんじゃない?

結局のところ、

みなさん本音で生きてますか~?
みなさん本音で断捨離してますか~?
本音じゃないと、苦しくなるらしいですけど、苦しくないですか~?

って話を聞いてくれる誰かがほしいって思っても、いいよね?

こんな私のブログを、ここまで読んでいただいて本当にありがとうございます☆彡

広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示