ホームその他断捨離 ≫ 10の防災アクション実践記録01 我が家のリアルな日常備蓄

10の防災アクション実践記録01 我が家のリアルな日常備蓄

東京防災の物の備えページにはこのように書かれていました。

これまでの防災備蓄は乾パンやヘッドライトなど普段使わない物を用意する特別な準備と考えられてきました。(中略)日頃利用している食料品や生活必需品を少し多めに購入しておく「日常備蓄」なら簡単に備蓄ができます。


具体的には完全に物がなくなる前に買い出しに行き、少し多めの状態をキープしつつ、日常の中で消費しましょうという話でした。

断捨離やミニマリストブームで冷蔵庫空っぽの日を作ったり、いつでも買い物に行けるからとにかく備蓄は少なめにすべし!という考え方とは違いますね。

実際にわたしが断捨離してみて、冷蔵庫の中身空っぽの日を作ってみたりした経験があります。しかし、もしも今、ライフラインがマヒするようなことがあったらヤバイかなぁと思った記憶があります。

しかし、腐らせてしまうほどの量や、自分で把握できないほどの量を備蓄していては意味がないよね~。うちの今のリアルな状況はこんなん

↓冷蔵庫
防災日常備蓄
↓冷凍庫
防災日常備蓄
↓野菜庫
防災日常備蓄
↓常温保存
防災日常備蓄
プラスこれに調味料いろいろです。

4日前に業務スーパーでまとめ買いしたので冷凍庫の食材が多めです。野菜は足りなくなるかもしれませんが、わがままを言わなければ1週間くらい家族4人が食べられそうです。

今は残り2日分程度の食材になったら買い出しに行くペースで買い物していますが、これが防災面でもガラクタを作らない目的でも良さそうです。

みなさんもこれを気に買い物のペースト備蓄量のマイルールを作ってみてはいかがですか?理由があるマイルールは自分に自信がつくし、生活がシンプルになるのでいいですよ~★

広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示