ホーム実家の断捨離 ≫ 65歳の母の持ち物を帰省ついでに断捨離

65歳の母の持ち物を帰省ついでに断捨離

1泊2日で実家に帰省してきました。実家は4LDKのマンションです。父と母の2人暮らしには十分な広さのお家なはずなのですが、一部屋が完全に物置状態になっています。そんな実家を帰省ついでにプチ断捨離してきました。

ランキングに参加しています。

応援ポチお願いします★

父は72歳。母は65歳。幸い、まだまだ健康そのものですが、徐々に年を重ね高い場所にあるものを取るもの大変になってくるでしょう。父の本棚に「捨てる技術」という本がありましたが、読んだ効果を感じることはとてもできないほどにモノが多いままでした。

娘3人は実家に荷物をまったく残さず、嫁ぎ先へ持って行ったのにどうしてこんなにモノでいっぱいなんだ?娘が出て行ってから、どれだけモノが増えたんだ?それとももとからあったのか?と不思議になるほどのモノの多さ。

母に聞くと、どうやらモノを減らしたい気持ちはあるようですが、モノを捨てるのはなんだかもったいない気がするし、捨てる作業が面倒なようです。まあ、普通そんなもんだよね。わたしだって、そんな気持ちがある。

モノは減らしたいんだけどねぇと言い訳を並べる母ですが、娘であるわたしが「これもらってもいい?」と聞くと簡単に手放してくれますw捨てることはできないんだけど、娘に譲るなら手放せるんですよね。

おそらく母ももうそれを使う確率は低いことはわかってるんですよね。手放しても問題ないものだってわかってる。

でも、もったいないという気持やらいろんな気持ちがごちゃごちゃになって「捨てられない」って言ってるんですよね。

でも、娘に譲るとなると即、手放すという行動が実行できるんですね。内面の分裂がなくなるんです。頭も心も反対しない。

いくつか母には不要そうなモノを指さしては「これまだ使うの?」って聞くと大抵「使わない」って返事が返ってきました。使わないって返事にプラスして、「覚えてる?これに手作りしたケーキのせて食べたよね」とか思い出話が返ってきます。

そんな質問をなんどか繰り返して、今回の帰省では

・直径50cmほどの大皿
・小鉢2つ
・ベビー用のグッズいろいろ
・醤油さしのセット

を持ち帰ってきました。譲ってもらうという名目で持ち帰っては来ましたが、実際にわたしも自問自答して断捨離します。それを残したいのか?その選択にイライラ、モヤモヤしないか?感情ナビゲーションを使って判断します。不要なモノは捨てるなり、売るなりして手放します。残すモノはもったいぶらずに使います。

母がわたしに譲って、後になって返してほしいと言ってきたことは1度もありませんからね。本当は、母が捨てても大丈夫なモノばかりなんだけどなぁ・・・。

広告


関連記事

コメント

こんにちは。なんだかすごく目からうろこな記事でした。夫の実家には物がすごくたくさんあるんです、義母も処分したいだろうに、子供の持ち物だからとそのままにしてあるんです。そうか、子供がもらっていけば手放せるのですね。
そういう意味では、夫がこれもらっていい?と聞けば物は減ると・・なるほどと思いました。次回夫の実家に行ったら何か持帰ることができるか見てみようと思います。

ユーリカ | 2016.04.04 13:25 | URL


>ユーリカさんへ
子どものモノを子どもが持って行っていいか聞かれて反対する親はまずいないと思いますw
実家に置きっぱなしにしていた古いCDコンポも私が持ち帰って、私が処分しました。
スッキリしますよ★

ひより | 2016.04.07 22:38 | URL












管理者にだけ表示