ホーム服・衣類の断捨離(衣) ≫ 大学の入学式のスーツと母の呪縛

大学の入学式のスーツと母の呪縛

入学式のスーツ
合格発表もほぼ終わり、入学準備に忙しい時期になりましたね。今日は、大学の入学式の服装選びに大失敗し、今でも後悔しているその理由を打ち明けてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
応援ポチお願いします★


わたしは私立の大学をすべて落ち、第一志望だった国立大学だけ合格するという親孝行なパターンの娘でした。国立に通えることとなり、金銭の問題がかなりラクになったからと、母親が入学式用のスーツを買ってくれるという話になりました。

大喜びで母とわたしとで三越へ出かけました。三越に着くと、偶然にもブランドスーツバーゲンを開催していました。これはタイミングが良いと、さらに喜びまっすぐバーゲン会場へ足を進めました。

しか~し、実際にスーツを探しはじめるとバーゲン会場には入学式向けのスーツがありません。わたしは別の売り場へ行きたかったのですが、母がクリスチャンディオールのスーツがこんなに安くなることなんて滅多にないんだから、ここで買わなくちゃ絶対損だと主張し始めました。

確かに高級ブランドのスーツが安くなっていました。しかし、安いとは言っても高級ブランド。同じ値段で大学生が一般的に入学式に着ていくようなスーツが定価で買えます。

娘:どうせ同じ値段を出すんだから、気に入ったスーツが着たい!
母:同じ値段だったらデザインよりもブランド!

結局、お金を出す立場の母には勝てず、ブランド品かもしれないけど、おばさんっぽいデザインのスーツを着ることになってしまいました(T_T) 晴れ晴れとした気分のはずの入学式なのに、スーツが恥ずかしくてコソコソしてましたねぇ。懐かしくもあり、苦くもある思い出です。

母が買う理由として主張した内容は

●安くなってるから
●ブランドだから

という理由。

これって、買い物の失敗の王道だよなぁと今では客観的にみることができます。スーツそのものや、着る人の感情をまったく考えてない!

入学式用に買ったスーツは二度と袖を通すことなく箪笥の肥やしになりました。自宅で生活している間は、捨てることも許されなかったので、結婚して家を離れてから母には秘密でリサイクルショップに売りました。デザインが古すぎてタダ同然でしたが、母の呪縛から解放された気がして幸せでした。

母としては娘を思いやって愛情をこめて買ってくれたスーツなのかもしれませんが、娘としては母の趣味を押し付けられたとしか感じられませんでしたねえ。これから大学の入学式用のスーツを買いに出かける方!じぶんが気に入ったものを着てくださいね★

広告


関連記事

コメント

なんだかすごくわかるような気がします。私も短大最後の定期テストで満点をとったらスーツを買ってあげると言われて、見事満点を取り、かってもらったのは、おばさんデザインの喪服(スーツ)でした。返す言葉もなく・・今でも後悔しています。もっといまどきのが着たい!と今でも思いますw
来年、長女、次女が卒入学を迎えます。その時には肝に銘じておきます!

ユーリカ | 2016.03.29 15:52 | URL


>ユーリカさんへ

>おばさんデザインの喪服(スーツ)でした。返す言葉もなく・・
なんかその瞬間のユーリカさんの顔が目に浮かぶようにリアルですw
ショックですよね~
お互いに娘には同じ思いをさせないようにしましょう!

ひより | 2016.03.29 23:33 | URL












管理者にだけ表示