ホーム脱ステロイド&肌断食 ≫ 肌断食10か月目の脱保湿の効果をレビュー

肌断食10か月目の脱保湿の効果をレビュー

わたしは現在、乳液も化粧水もまったく使っていません。

最初はお風呂上りの肌がつっぱったり、朝起きた時に肌が乾燥していると感じることもありましたが、今では肌は健康そのものです。

私が肌断食をはじめるきっかけけになったのは、宇津木先生の本でも断捨離でもなく娘のアトピーでした。

ランキングに参加しています。
応援ポチお願いします★

4か月で脱ステロイドに成功


医師の指導通りにステロイドを使って、保湿剤を使っているのにちっとも治らない。

一体どうしたら治るんだろう?

そんなときに出会ったのが、 アトピー患者を自然治癒に導いたスーパードクター藤澤先生の本でした。

脱ステロイドも脱保湿も怖かったのですが、このままステロイドを続けても治る予感がしなかったので、投げやりな気持ちで脱ステロイドに踏み切りました。

脱ステロイドに取り組んだ結果、4か月で娘の肌は改善。

これまで苦しんだのはなんだったのか、悩んだのは何だったかと愕然とするくらい短期間で肌の問題が解決してしまったんです。

過去記事はこちら↓
「9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方」レビューと我が家の肌トラブル
子どものアトピーは脱保湿・脱ステロイドして4か月で治りました 

肌断食のこれまでの様子


娘の肌が治っていく様子を目の当たりにして思いました。

「こんなにひどい娘の肌がきれいになるなら、わたしだって脱保湿しても大丈夫なんじゃない?」

モノを捨てることは体験済みでしたが、保湿剤は身体の問題。
アラフォー主婦の肌には、世間一般では保湿剤の重要度が増すという考え方が普通です。
かなり迷いましたが、ダメだったら保湿を再開すればいいだけ!とチャレンジがはじまりました。

過去記事はこちら↓
肌断食2か月経過~洗顔後のつっぱりがなくなってました
保湿剤断ち(肌断食)でアラフォーの肌はこうなった

肌年齢は実年齢よりちょっと若い


肌断食10か月目の私の肌の写真でございます。
10か月目の肌の様子

今のような寒暖の差が激しい時期のお風呂上りは肌のつっぱりを感じます。

でも、そのまま寝てしまうと朝には肌のつっぱりは消え、ふんわり柔らかな肌になります。

翌朝起きても、肌の調子が悪い時だけエゴマ油を塗ったり、ニベアを塗ったりしています。
保湿剤は栄養ドリンクのような感覚ですね。

以前、アイシャドーを買いにお店に足を運ぶと、無料のお肌チェックを勧められました。

おそるおそるお肌チェックを受けると肌年齢は実年齢よりちょっと若いとの診断結果がでました。

いや~、うれしかったですね。

節約ママの感想


いろいろ書いてきましたが、これが今のリアルな私の肌。

お風呂上りにそのまま寝れちゃうのがこんなに幸せだったなんて!

旅行に化粧水も保湿剤も不要なのがこんなに身軽だったなんて!

これから気温も温かくなり肌断食に挑戦しやすい季節ですね。

興味をもっているのであれば、チャレンジしてみてはいかがですか?

広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示