ホームその他断捨離 ≫ 片づけが嫌いだからモノを減らしてシンプルにする

片づけが嫌いだからモノを減らしてシンプルにする

「良い母親になりなさい。」 「女の子なんだから片づけしなさい」

そんなことを母に何千回も言われて育った私。
世間も同じことを言うし、ある程度がんばれば片づけできたし、

「わたしは片づけが得意」だし、「片づけが好き」だと思い込んできました。
散らかった部屋
でも、最近それは思い込みだったと気づきました。

ランキングに参加しています。
応援ポチお願いします★

褒めてもらえるのが嬉しいだけ


家族と一緒に生活していると

部屋を片付けると褒められるんです。
家族に感謝してもらえるんです。
良い妻・母親だと言ってもらえるんです。

だから、片づけを率先してやっていたんです。

でもね、子ども達も夫も外に行ってしまった後、わたしは部屋の床にモノをばら撒いて在宅のお仕事してるんですよw

床にモノがばらついてても気にならない。
床にティッシュが落ちていても気にならない。
脱いだコートも床に放っている。
後でやればいいやと、放置してる。

あれ?矛盾してない?

って気づいちゃった。


他人の目がなければ、

床にモノが放置されていても、
床にゴミが落ちていても
平気じゃない!

片づけなんて嫌いだ


そう、わたしは片づけが嫌いなんです。
片づけなんてしたくないんです。

嫌いだけど、ゴミ屋敷に住むのも嫌。
誰かに荒れた部屋をみられるのも嫌。



ワガママですねw


そんなワガママな私にとって生活をシンプルにするってことは、片づけがラクになるし、キレイに見えやすくなるし、気分もスッキリするし、いいことだらけ。

だから、シンプルな部屋に惹かれるのかな?

ダメな自分を認めて


じぶんのダメなところと認めたからと言って、何も現実は変わらないけど・・・

心が軽くなりました。


わたしはなぜ「良い母親じゃない」って認めると心がラクになるんだろう?

良い母親であるべきって、勝手にがんばってたのかな?
そして無駄にエネルギーを浪費して、疲れてたのかな?

よくわからないけれど、1つ1つ心の重荷を手放していくのは良い気分なのは事実。

不要な思い込みに気付けただけで、心は変わるもんですね。

広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示