ホーム教育・子育て ≫ 小学生の息子のズボンの枚数は?うちは3枚で足りました

小学生の息子のズボンの枚数は?うちは3枚で足りました

息子のズボン
小学2年生の息子の長スボンは3本。
3本だけで足りるのか最初は不安だったのですが、足りないことが発覚してからお店に買いにいけば間に合うから大丈夫!

そうミニマリスト&断捨離的な考え方を選択して1年。

本当にたった3本で足りました。
断捨離の具体例がいっぱい
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

息子の手持ちパンツリスト



息子の好みははっきりしていて、黒・青・紺のモノしか着ない。

イラストや柄はキライ。

そんな息子のズボンは、
1)GUのスリムパンツ デニム
2)アピタのスタイルワンの黒のストレートパンツ
3)アピタのスタイルワンの黒デニム


この3本。

黒系かつデニムってのは着回しでは最強ですね。

夏用の短パンも3枚。
合計6枚のミニマリストですネ。

1本1000~1500円のパンツばかりなので、
息子のズボンの年間総支出は6000~8000円程度。

息子はこれで不満な様子はいっさいなし。
迷わないから朝の支度もめっぽう早い。
服が少ない=時短ってのは、本物だよね。

息子は生まれながらしてミニマリストっぽい考え方をする傾向がある性格っぽいです。

娘の手持ちスカートは8枚



年長さんの娘は平日はほぼ制服のみで過ごし、そんなに私服の枚数は必要ないはずなんですが・・・

スカート8枚持ってますw

それに加えて
ワンピース2枚
ジャンパースカート3枚
パンツ1枚

これは秋冬春の枚数。

夏のワンピを除いてこの枚数w

この多さは娘が捨てられない&お洋服がたくさんあって幸せだから、という好みの問題が理由の1つ。

もう1つの大きな理由が「もらうから」だったりする。

娘のボトムスはすべていただきモノ


我が家の場合、娘も私も
「来るモノ拒まず」
「お下がり大歓迎!」
な親子。

小さいころから服をもらうたびに大喜びしていたら、どんどん貰える服の量が増えていきました。

娘の楽しい!うれしい!って気持ちを無視して、ミニマムであることや風水とかを重視したら、娘の服は多すぎるし、古い服は停滞運を発しているのかもしれない。
もっと減らすべき!服の枚数が多いのは悪!とも判断できると思う。

でも、娘は服の枚数が多くて幸せそうだし、多いとはいえクローゼットに十分収まる量だし問題なしです。
減らしたくなったら、いつでも減らせるしね★

新品じゃないと恥ずかしいとか、あのブランドじゃないととか、変な見栄の張り合いがない人に囲まれて生活できて本当に幸せだな~~。

息子服と、娘の服の枚数に対する考え方が全然違うんじゃない?
そう思われるかもしれないけど・・・

多くてもOK。少なくてもOK。
服の枚数が少ないのが偉いとか、服の枚数が多い方が豊かとかじゃなく、子ども自身の幸せ感と流れで判断できる自分でありたいな。

ランキングに参加しています。
応援ポチお願いします★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ 


広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示