ホームその他断捨離 ≫ 母親はずっと笑顔でいるべきと思うのが苦しいから断捨離しました

母親はずっと笑顔でいるべきと思うのが苦しいから断捨離しました

私は「お母さんが笑顔でないと子どもの心が不安定になってしまいます。」そんな言葉を信じていました。

確かにじぶんが子どもだった頃、母親はじめ家族が笑顔でないと、気分よく過ごすことができませんでした。

でもね、実際に自分が母親になって、自分を観察してみたら「笑顔でいるべきという考え」が自分を苦しめていることに気づきました。

そこで、今回は「笑顔でいるべきという考え」を断捨離してみました。

断捨離の具体例がいっぱい
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

STEP1)全部出す


モノの断捨離の最初の作業は「すべて出す」。

「笑顔でいるべきという考え」も同様に、どんな時にそう考えていたのか?
なんでそう考えているのか?
そういう考え方を信じているのか?
どういう時に笑顔でいるのが苦しいのか?
を、書き出してみます。

1.他の人が笑顔でないと自分が不快だったから
2.育児の本に書いてあったから
3.イライラしている自分をダメな母親だと思ったから
4.他のお母さんはニコニコしていそうに見えるから

ざっと、こんなもんですね。

STEP2)自分軸で要・不要を選択する


書き出してみたものをみてみると、大半が他人軸ですね~。

「自分が本当はどうしていたいのか?」

を考えてませんね。

ということで、じぶんに聞いてみます。

(-.-)・・・

笑顔でいたくないわけじゃないんです。
むろん、笑顔でいられる状態が快適です。

でも、

心が不快を感じているときまで、無理して笑顔でいるのは苦しいのです。

相手が子どもでも夫でもママ友でも、自分にとって嫌な状態になっているのに笑顔でいるのは苦痛です。

じゃあ、どうしよう?

どうする自分?

選ぶのはじぶんだよ!


(-.-)・・・


不快なら笑顔じゃなくてOK!を選びます~~

だって、そっちの方が私の心だラクだから。


どうせ「ずっと笑顔でいるべき」と思っていても、すでに実行できてないしw
ずっと笑顔の人なんて、ほんとうはいないんだろうしw

笑顔じゃない自分にOKを出すことを選ぼう!

ずっと笑顔じゃなくてもいいんだよ♪って言ってもらえた方が心がラクなのは本当だもの。

STEP3)夫や子供、他人が笑顔じゃくても許す



私はこれまで「笑顔でいるべき」という信念みたいなのがあって、夫が笑顔が少ないことを「ダメなコト」と判断してました。

しかし、これにも「OK」出してみます!


笑顔じゃい旦那でもいいよ。
無理して笑わなくていいよ。

子どももずっと笑顔でいられるように母親として頑張るべきだと思ってた。

でも、子どもが笑顔じゃなくてもいいよ。
ずっとご機嫌じゃなくてもいいんだよ。

わたしは、お互いに許せる関係がいい。

断捨離後の感想



こんな風にわたしは「ずっと母親は笑顔でいるべき」という考えを手放すことを選びました。
手放した方が、心が軽いと感じたから(^_^)

みなさんはいかがですか?

笑顔は良いことだけど、これに「べき」が付くと私は苦しくなってしまうんですよね。

これからも不要な思い込みは断捨離して、心を軽くしていきたいと思います♪


ランキングに参加しています。
応援ポチお願いします★


広告


関連記事

コメント

思ってました!思ってました!すごく思ってました。だって、どのサイトにも、育児書にもそう書いてあったし、周りもそういっていました。
でも・・本当につらいんです。自分は怒ってるからだめな母親だって思ってます。周りにはいつも笑顔の人ばっかりに見えるんですよね。
あぁ~いいのか、本当にいいのかなって、まだ半信半疑です、でももうつらいのはいやですもんね。

ユーリカ | 2016.02.18 19:26 | URL


Re: タイトルなし

>ユーリカさんへ
> でも・・本当につらいんです。自分は怒ってるからだめな母親だって思ってます。周りにはいつも笑顔の人ばっかりに見えるんですよね。
こんな記事を書きつつも、「こんなんわたしだけかなぁ?」って思ってましたが、同じ状態の人がいて、なんか知らんけど嬉しいですw

> あぁ~いいのか、本当にいいのかなって、まだ半信半疑です、でももうつらいのはいやですもんね。
1時間だけでも怒ってもOKタイムを作ってみるとよい体験になるかと思います。
たぶん、怒っても怒らなくても、自分をダメだと思ってても、ダメでもいいやと思ってても、
現実はたいして変わらない可能性が高いですよw
わたしはそんな体験中で実験中です。

ひより | 2016.02.19 09:51 | URL












管理者にだけ表示