ホーム雑記 ≫ イオンモール常滑に行ってきました~サーキットもスケートも本格的アスレチックも楽しめる~

イオンモール常滑に行ってきました~サーキットもスケートも本格的アスレチックも楽しめる~

イオンモール常滑招き猫
2015年12月にオープンしたイオンモール常滑に遊びに行ってきました~。
「どうせイオンでしょ」とあまり期待していなかったのですが、いい意味で予想を裏切ってくれました(^o^)丿

断捨離の具体例がいっぱい
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ 

イオンモール常滑のテナントは外国人観光客をターゲットにしてる

イオンモール常滑のテナントは定番のユニクロやカルディコーヒー他に、和傘を扱っているお店があったり、TAX FREEという大きな看板が掲げられているお店があったりと、中部国際空港の利用客を意識していると思われるテナントがいくつかありました。

他のイオンとはちょっと違う雰囲気で面白いな~と思いました。
中国人の爆買いとかも狙ってるんですかね~w

トイレや店内の表示も外国語表示がしっかりしていましたね。

↓イオンモール常滑の公式サイトには検索項目にtaxfreeの項目がある★
イオンモール常滑taxfree


レストラン街は和食の店が多め

お昼を食べようとレストラン街に足を運ぶと、豊浜とれたて市場直売所とか、おとうふ湯葉とか、漁港めし家とか、和食のお店が多いように感じました。

これも外国人観光客や海外から帰ってきた日本人とかターゲットにしてるんでしょうかねぇ。ランチのお値段は一人1200円~1500円ってとこ。少し高い?まぁ、最近はこんなもんかしら・・ね?

レストラン街は常滑のれん街という愛称なんですが、ここには超巨大な招き猫が居たり、常滑焼の紹介がされていたりと、写真が撮りたくなる観光スポットがいっぱいでした。この試みは面白くてイイネ!
イオンモール常滑(常滑のれん街)公式HP


フードコートに子どもの遊び場があった!

レストラン街が混んでいたので、フードコートへ移動。
移動してみて思ったのは、キッズ用スペースが広い!
他のイオンにも小さなお子様連れ向けのテーブルが用意されていますが、イオンモール常滑は70席分くらいありました。

しかも、その一部が飛んだり跳ねたり遊べる遊具コーナーになっておりました。

子どもが食べ終わったら、そこで遊び、大人はその様子を眺めつつノンビリできていいですねぇ~。レストラン街は大人向けな雰囲気で、フードコートは思いっきり子ども向けな空間になってるんですね。

イオンモール常滑でスケートが出来る!


イオンモール常滑では、サーキットがあることをテレビで紹介していた覚えがあるのですが、実際はそれはほんの一部でした。

サーキットのあるワンダーフォレストきゅりおという場所へ行ってみると、スケートリンクがあるし、ワンダースカイという本格的アスレチック施設があったりと、子どもがスポーツをレジャーとして楽しめる施設がいっぱい!
ワンダースカイ

そんなに遊べる場所があるとは知らずにイオンモール常滑に行った息子&娘は目がキラキラしてました★
好奇心いっぱいの森「ワンダーフォレストきゅりお」公式HP

ワンダースカイ&ワンダーリンクの利用料金

そんなワンダースカイ&ワンダーリンクのお値段は、

ワンダースカイ キッズコース 500円
ワンダースカイ 中級コース 1600円
アイススケート 大人1000円 4歳~小学生500円 貸靴 500円 手袋 200円

ワンダースカイ公式HP

ざっと、こんな感じ。夏はキッズボードがあったり、トランポリンがあったりと、季節によって内容は変わるご様子。

小2の息子と年長の娘をワンダースカイのキッズコースに挑戦させようかと思ったのですが、キッズコースは普通のアスレチックとそんなに大差ないから嫌だと息子が発言。
やるなら、中級コースがやりたい!と主張し始めました。

しか~し、息子と同じくらいの身長の女の子が手足の長さが足りず、地上4mの高さで前にも後ろにも進めず泣いているのを目撃しまして、中級コースはもっと身体が大きくなってからリベンジする約束をしてワンダースカイは断念しました。

このゴチャゴチャでワンダースカイの写真撮影忘れたよ(T_T)

その代り、期間限定の屋内アスレチックスタジアムを体験してまいりました~★
アスレチックスタジアムのレビューは次回に続きます(*^。^*)

ランキングに参加しています。
応援ポチお願いします★



広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示