ホーム断捨離のやり方 ≫ 断捨離を捨てるという選択をしてみた

断捨離を捨てるという選択をしてみた

明けましておめでとうございます。

12月にはじめた断捨離マラソンは、後半はすっかり足が止まってしまいました。
足が止まってしまった理由は、「忙しかったから」。

自分にがんばれ!って言って、時間の断捨離をすれば断捨離マラソンをする時間は作れたと思う。でも、年末は断捨離マラソンよりも、「休むこと」を優先しました。

断捨離の具体例がいっぱい
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ 

断捨離を捨ててもいい

年末はクリスマスチキンの出荷作業の臨時パートに出ておりました。
それに加えて年内に収める仕事も溜まってる(-_-)
物凄く忙しくて、エネルギーをかなり消耗しちゃいました。

忙しくなり始めた時期は、
美しいを目的とした断捨離をはじめたばかりだから頑張ろう・・・
15分もやればできることだから頑張ろう・・・
と思っていました。

でも、やる気が出ない。

断捨離マラソンするよりも、普通に大掃除しなくちゃ・・・
断捨離マラソンするよりも、年賀状書かなくちゃ・・・
断捨離マラソンするよりも、子どもの宿題を手伝わなくちゃ・・・

しばらくは、「断捨離マラソン」を中断しちゃってる自分を自己否定してたんです。

また三日坊主?
もっと寝る時間を削れば時間を作れるでしょ?
断捨離マラソンせずにテレビみてるなんてダメじゃない?
もっと頑張ってる人もいるのよ~

でも、途中で気づいた。
わたしの時間もエネルギーも限界がある。
今のわたしは断捨離やる気がないのが現実だ。

断捨離マラソンだって単に、「ToDO(やること)」の1つ。

優先順位を考えたとき、断捨離を捨てる・・・つまり「やらない」って決断するのだってOKじゃん!

他人軸では三日坊主でも、自分軸でOK出しちゃえば、OKだ!

寝ることが優先でもいい

やるべきこと・やりたいことが多すぎる時期に、苦しんでまで断捨離をしなくてもいいんじゃないかと思うのです。

忙しくて断捨離マラソンをストップしている自分が嫌なのだとしたら、ちょっと苦しくても頑張って断捨離するべきだと思う。

でも、断捨離をするのが苦しいと感じるのであれば、素直にそういう自分を認めて休んだ方が長い目で見ると私にはプラスになるパターンが少なくないんですよね~。

わたしならできる!がんばれ!って思うよりも、

わたしは「ヘタレ」で「グデダマ」です~~という自分を許す(+_+)

なにか生産的だと思われることを後回しにして、休むことを優先すべきタイミングってのも人生大事なんじゃないかなぁ。

断捨離をやりたくなったら実行!


そんなこんなで、ドタバタと年末を過ごし新年がやってきました。
だらり~~と過ごして、部屋をみまわして、そろそろ断捨離マラソンを再開したいな~という気持ちが沸いてきました。

時間が経過して、時間というエネルギーも、行動というエネルギーも断捨離に使える状況に変わってきたんですね。

片づけのイライラを減らすには、断捨離が効果的であることをすでに体感しているので、断捨離自体を否定したり、嫌いになったわけじゃないんだよね。

ただ、単に1日のやることに優先順位をつけたときに、順位が下がっただけのこと。

さて、片づけにイライラしないという夢を実現するために行動するとします★

ランキングに参加しています。
応援ポチお願いします★




★無駄な支出の断捨離は
資産管理ツールのマネーフォワード(無料)

広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示