ホーム断捨離のやり方 ≫ 自分軸がない自分を認める。自分軸はこれから育つ。

自分軸がない自分を認める。自分軸はこれから育つ。

この記事は、
前々回:モノを減らせば幸せになれる、モノが少ない人は偉い
前回:断捨離後の自分探しの旅をする羽目になる
の続きになります。

断捨離を実践して、暴走&迷走して、
スピ系に走って、

「断捨離なんかしても幸せになれね~~じゃね~~かよ」
「何が欲しいのかも分からね~じゃね~かよ」
と、ちょいとグレてみるものの、

モノが減って家事がラクになったなぁとは思ってたり、
旦那の人生が激変したじゃないかとも思ったり、
自分探しの迷路で迷子になってました。

まぁ、そんなわたしなんですが、
最近になって、1つの答えにたどり着きました。

ランキングにはHappyのヒントがたくさん
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ 


ガラクタを捨てたら、自分が見えた


「ガラクタを捨てると自分が見える」と
カレン・キングストンさんが表現したように、
ガラクタを捨てたら、自分が見えた。

が、


その自分はじぶんが予想していた以上に
自分軸がない自分だった!


節約したいと本音で思っているのか自信がない。
モノを減らしたいと本音で思ってるのか自信がない。


じぶんの「夢」や「望み」だと信じていたことさえ、
それが本当の望みなのか自信がない。


まぁ、そんなヘタレな自分を
ガラクタで隠してあったんだと思う。
(薄々気づいてはいましたがw)


ガラクタを捨てたら、表に出てきちゃったのねw


まぁ、ヘタレな自分が出てきちゃったのですが、
それを認められずに、
もっと素敵な自分が待ってたんじゃないの?
と、断捨離前に抱いた妄想をベースに
グレてたわけなんですが、


やっと、最近、

「そう、わたしは自分軸ないんです~~」

と認めれるようになりましたw

自分軸はこれから育てればよい


そもそもこれまでの人生を
惰性と他人的に良いことで
生きてきたわけですから、
自分軸が育っていなかったとしても
全く不思議ではないんですよね。


自分軸が予想以上に細いこと。
何がじぶんの幸せかもよく分からないコト。


こういった自分の現状を素直に認めて、


再び断捨離の初心に帰って
自分が苦しくならない程度の
スローペースで断捨離を続けようと
心から思ったんだ。


当たり前過ぎて、
ちっとも読んでいる人には
面白くもないかもしれない。


でも、うまく言葉で表現できないけれど、
とても大切なことだと思うんだよね。

結果を求めるのもやめようと思う


それと、結果を求めるのもやめます。

断捨離したらお金が手に入った!
とか、
断捨離したら結婚できた!
とか、

なにかすごい成果や結果を
求めてる気持ちがあった。

でも、そもそも何がほんとうに欲しいのかさえ、
よくわかんないしw

結果を求めずに、
ただ単に目の前のモノ・コトを
選択する、どう感じるのか観察する、
これを繰り返した方が
幸せ感を感じるための近道なんじゃないかと
思うようになったんです。

地味だよねw

それで、その先、
どうなるかなんてわからんけど、

1年半、ガラクタを捨てようと意識して
生活したら、部屋に余白もできたし、
片づけもラクになった。

この結果は、本物だから、
断捨離を続けても悪いことは
起きないと・・・思う。(たぶん)


う~~ん、上手く文章でまとめにくいなぁ。
誰かにこの思いが伝われば幸いです(^o^)

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。

応援ポチお願いします★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

断捨離 ブログランキングへ


広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示