ホームその他断捨離 ≫ 断捨離後の自分探しの旅をする羽目になる

断捨離後の自分探しの旅をする羽目になる

前回の記事の続きです。
前回の記事:モノを減らせば幸せになれる、モノが少ない人は偉い

元々、モノへの執着が少なめなタイプだったからか、
ガラクタを捨てることに躊躇したのは
最初の1か月だけ。

捨てられる自分が自信になり、
どんどん捨てました。

しかし、ガラクタを捨てた自分を待っていたのは、
予想以上に、自分軸がない自分でした。

ランキングにはHappyのヒントがたくさん
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ  

自分軸がないので他人軸に頼る

最初は、じぶんの「ときめき」とか「要・不要」で
捨てていたのですが、

他人の目を気にしだすと、
捨てる基準が「他人より少ないか?」になったり、

いろんな本に「捨てれば幸せになるって書いてあったから」
という他人軸になってしまいました。


モノを減らして、自由になって、
じぶんの幸せをじぶんで選択できるようになるはずが、

自分軸が育っていなかったためか、
こっそり隠していた自信のなさが表に出たためか、

他人軸で自分を支えよう!という行動に出てしまったようです。

でも、他人に勝てずに、自己否定感が増すという悪循環。

幸い、悪循環に陥っていることには
気付けたものの、
同時に、
実は自分が本当に捨てたいのか分からない
ことにも、気づいてしまいました。

節約にも疑問を感じる


深く考えずに、節約に取り組んできたことにも
気付いちゃいました。

子どもの頃から、親も世間も、
「節約は良いこと」
だと聞いてきたから、「良い」と思ってきた。

でも、そこに自分の感情はあまり注意しておらず、

「欲しいモノを我慢する」
「とにかく貯金する」

を盲信してきた。

どこまで節約する必要があるのか?
なんて考えずに、とにかく節約は正義!

でも、断捨離をして、行き詰ったら、
なんでもかんでも節約することが正義なのか?

なんで節約をするのか?
じぶんはそもそも節約したいのか?

それさえも、答えが分からずに悶々とし始めました。


スピに走るが、よくわからない


そんな悶々とした心を救うべく、
スピ系に走りますw

引き寄せの法則の本もいろいろ読みましたが、
それらには、
「良い気分でいなさい」
「ワクワクを大切に」
と書いてある。

でも、
どうやったら良い気分でいられるのか?
ワクワクってなんだっけ?
じぶんのやりたいこと?
これらが、分からない。

引き寄せ本には、モノを減らせなんて書いてないし。

ごちゃついた頭を整理すべく、
なんとなく、こういうことかなぁ~~
ということをブログに綴る状態が続きます。


そんななか、
部屋のガラクタは気になったら捨てるものの、
他人の目を気にして捨てることはなくなっていました。

次へ続く・・・

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。

応援ポチお願いします★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

断捨離 ブログランキングへ

広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示