ホーム服・衣類の断捨離(衣) ≫ 服の枚数を減らすとファッションが垢抜ける理由

服の枚数を減らすとファッションが垢抜ける理由

夏の衣類を断捨離しました。

衣類の断捨離を繰り返して、
今では夏の服は12枚。

残った服をみかえしてみて、

服の枚数を減らすと
おしゃれになるとか、
垢抜ける



言われる理由を
自分なりに感じることができるようになりました。

服の枚数を減らすとおしゃれになる。

その理由は

本当に着る服だけになるから。


枚数が少ないので
1週間に1度は袖を通します。

とりあえず買うんじゃなくて、
本当に着る服を選ぶので、
本当に好きな服、着たい服を
選ぶことになります。

さらに、使用頻度が多いので
劣化も早い。

ヨレヨレの服を捨てることは
シッカリ着た!となんだか達成感もあるし、
活躍してくれた服に感謝の念さえ
浮かんできます。

心置きなく手放し、
今のじぶんが必要で、
今のじぶんが本当にほしい服を
手に入れる流れができます。



その結果、
おしゃれが楽しくなり
着る服に迷いもなくなり、
買うことに自信が持てます。


断捨離して、
残った服をチェックしたら、
8割が今年買った服。
2割がジーンズなどの定番もの。


数年前の流行りの
服を工夫してアレンジして着る・・・


そんな必要はない。


持っている服を
そのまま着るだけで
今のじぶんがご機嫌になる!


本当に必要なモノは
自分が思っている以上に少ない


は、本当なんだ!


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

↓応援お願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

断捨離 ブログランキングへ

広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示