ホーム子育て ≫ 子どもの夏休みが憂鬱~母親としての憂鬱を吹き飛ばすコツ

子どもの夏休みが憂鬱~母親としての憂鬱を吹き飛ばすコツ

暑くなりました。
すでに夏バテっぽいだるさを感じている管理人です。

さらにそれに追い打ちをかけるように
子どもの夏休みが始まります。

味の素のアンケートによると
約3人に一人のお母さんが夏休みは憂鬱なんだとか。
管理人も憂鬱だと感じる1人でありマス。

↓断捨離のヒントならココ。
 ブログランキング・にほんブログ村へ


なぜ憂鬱なんだろう?



味の素の調査では夏休みが憂鬱だと感じる
大きな原因の1つは「昼食の準備」だったようです。

わたしの場合は・・・と、
考えると子どもの相手を長時間することですネ。

子どものことは嫌いじゃないのですが、
○部屋が散らかし放題になる
○ひとり時間がほぼなくなる
○買い物も家事のタイミングを自分だけで決められない
○在宅の仕事がはかどらない

これらが憂鬱です。

憂鬱&イライラするのはあきらめが足りないからかもね



学校の夏休みがもっと短かったら・・・
子どもが学童に入っていたら・・・
子どもがもっと自立していたら・・・
誰かが子どもも相手をしておいてくれたら・・・

って「たら・れば」だらけじゃん!

変えようのない現実が受け入れられてないのかも!!
\(◎o◎)/!

断捨離でいうところの
「現実逃避型」ってことでしょうか。

もしかすると、子どもが夏休みで憂鬱だとなげくのは
「あきらめる」ことが一番簡単な解決法だということかもしれない!!!

と気づきました。

試に諦めてみる



夏休みが憂鬱だと感じているわたしは、
真夏に雪が降らないと嘆いている
のと同レベルなのかもしれない・・・

夏に雪が降らないと嘆くのではなく、
夏は夏を楽しむのが幸せなんじゃない?

と、すると・・・

子どもが夏休みである状態を
楽しもうとするのが正解なのでは?


・・・(―_―)!!

この仮説をじぶんが信じられるようになるためにやることは、
「お試し」気分で「あきらめる」かつ「楽しむ」を実行すること。

次回は具体的にどうしたら子どもの夏休みを母親も楽しめるか考えてみることにします。

↓こんな私に応援ポチお願いしますw
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ





広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示