ホーム脱ステロイド&肌断食 ≫ 保湿剤断ち(肌断食)でアラフォーの肌はこうなった

保湿剤断ち(肌断食)でアラフォーの肌はこうなった

こんな痒みに悩んでました



冬に体中が乾燥肌になり、ひどい痒みに悩んで病院でみてもらうと
「単なる乾燥肌かなぁ。
アトピーっぽくもあるねぇ。
ま、どちらにしても
痒みが酷い時はこれを塗ってみましょうね。」
と、
処方されたのはステロイドでした。

一時的に改善するものの、
なかなか完治しない痒み<`~´>

痒みが酷かった場所は、
・首の後ろ
・背中(全体)
・ひじの裏
・ひざの裏
・太ももの付け根
・肩
・脇

・・・ほぼ全身ですね(笑)

ステロイド&保湿剤使用中の肌の様子



首の裏とか日焼けとは違う黒い肌。
背中の乾燥肌が悪化
夕方から痒みが特に強くなる傾向がありました。
背中の真ん中あたりがものすごく痒くてたまらないと、
菜箸でコリコリ掻いちゃったりしてました。

で、掻くと
痒みが強くなる・・・
という恐ろしい悪循環。

脱ステロイド&脱保湿剤14日目の肌の様子



脱ステロイド&脱保湿剤を続けること14日間。
首の後ろはこんな感じ。
脱ステロイドの肌

一部がまだカサつくものの、
どす黒い状況は脱したようです(*^。^*)

痒みもかなり収まりました。

ひじの内側が掻きやすいこともあって、
何度か
引っ掻く⇒流血⇒カサブタ⇒引っ掻く⇒流血
を繰り返しましたが、
だんだんと痒みが収まって
引っ掻く必要もなくなってきました。

脱ステロイド&脱保湿剤と同時にやった5つのこと



脱ステロイド&脱保湿と同時に新たにやるようになったことがあります。

それは、以下の5つ

・マーガリンをやめる
・えごま油を摂る
・パンにはココナッツオイル
・お風呂の回数を減らす
・軽い体操をする

ステロイドと保湿剤をやめたのみではなく、
油の使い方やお風呂の入り方を変えたことも
肌が改善した原因の1つだと思ってます。

脱お菓子も脱朝食も実行したら
もっと効果があるのだろうなぁとは思うのですが、
それを実行するのが強いストレスなので
お菓子も朝食も食べてますw

病名を追い求めるのではなく改善を求める



わたしの肌が結局、アトピー性皮膚炎だったのか
病名は明確ではないんですが、
どんな病名だったとしても、
とにかく痒みから解放されれば、
それでいいんです。

脱ステロイド&脱保湿剤を実行してみて
現状でも痒みは残っていますが、
かなり改善しました。

肌が改善したのは季節的な要因も大きいと感じているので、
このまま脱ステロイド&脱保湿剤を続けて肌がどうなるのか
わかりません。

でも、肌が改善したことは事実なので、
このまま、ステロイドと保湿剤に頼らない生活を
続けてみようと思っています。

広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示