ホーム脱ステロイド&肌断食 ≫ 軟膏依存症&子どもに好評なえごま油の摂り方

軟膏依存症&子どもに好評なえごま油の摂り方

アトピーと油の効能



サラダ油の危険性については、「その「油」をかえなさい!」のなどの有名なサラダ油本と同じ主張。

リノール酸系(オメガ9系)のコーン油やベニバナ油を摂るのをやめ、あまに油やしそ油などのα―リノレン酸系の(オメガ3系)を積極的に摂ることを勧めています。

認知症対策で話題になっているオメガ3系の油なんですが、
炎症物質のプロスタグランディンの生成を抑えるため
アトピーにも効果的なんだとか。

メンタル的にステロイドをやめるだけでは不安



脱ステロイドだけで本当に肌が治るのか?

そもそも何もしてないときに
肌が荒れたから病院にいったのに・・・。

ステロイドをやめるだけで、何も足さないのは
不安が大きかった私。

オメガ3系油の効能への期待半分。
脱ステロイドの不安な気持ちを紛らわす目的半分。

そんな理由で、
1日スプーン1杯のえごま油の摂取を試してみることにしました。




子どもに好評なえごま油の摂り方



えごま油を1日ティースプーン1杯・・・。
大人は理屈でこれで美肌になるかも?と
思って(願って)いるので摂取しやすいのですが、

味に正直で、理屈の通らない子どもには
あまり美味しいとは言えない
えごま油をそのまま飲む方法は不評でした(笑)


うちの子どもに人気があるえごま油の摂り方は

1位 コンソメスープに入れる
2位 味噌汁に入れる
3位 野菜炒めに混ぜる


汁物を飲む直前にスプーン1杯加えると
「美味しい~~!!」
と言ってくれます♪

えごま油は熱に弱いのですが、
みそ汁くらいの温度なら大丈夫なんだそうです。

サラダが大人には人気なのうですが、
サラダ自体が苦手な子どもには
サラダより汁物です。


薬(軟膏)依存症でもあります



さて、このえごま油。

子どもには
「とっても肌に良くて、
身体の中に入って肌バリアを作ってくれる
すごいパワーがあるんだよ!」
とちょっと大げさに説明してみました。

娘も息子も薬を塗らなくてラクになったのだけど、
なんだか不安な気持ち・・・
というのは同じだったようで、

「じゃあ、薬がなくてもえごま油があれば
大丈夫なんだね!」

と反応してくれました。

9割の医者が知らない 正しいアトピーの治し方」には心理的な問題で薬依存や保湿剤依存のことについても触れらえています。

精神的にステロイドというか、薬に依存しちゃってるってヤツですね。

親子で依存症だなぁと痛感させられる出来事となりました。

↓こんな私に応援ポチお願いしますw
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ


広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示