ホーム断捨離して人生が変わった ≫ 断捨離をはじめて1年を振り返る(2)夫のうつ病

断捨離をはじめて1年を振り返る(2)夫のうつ病

2015年夏の終わりにはモノが捨てられない男だった主人も
モノを捨て始めました。

前回のお話はコチラ↓
断捨離をはじめて1年を振り返る(1)捨てる快感

本や衣類を捨てて、不要な収納ケースも処分して・・・

夫の布団、夫の本、夫の服など、夫のモノが部屋のあちこちに分散している状態だったのですが、モノを減らして、持ち主別でモノを分類したら

主人の部屋を作ることができました。

家の中にじぶんの場所を手に入れた夫。

仕事から帰ってきたら寝るだけだったのが、
じぶんの好きな雑誌をゆっくり読んだり、
じぶん一人の空間で寛いだりと
家での時間を楽しむことができるようになりました。

↓断捨離のヒントならココ。
 ブログランキング・にほんブログ村へ


じぶんの夢をポツリポツリと話してくれるようになったり、
気持の上でも変化がみられました。

夫も断捨離の効果を実感し夫婦して断捨離の効果を実感ました。
しかし、約1か月後

夫が仕事から泣きながら帰ってきました。

(―_―)!!

嫁として本気でびっくりしましたよ。マジで。

でも、どっかにすごく冷静なじぶんのいまして、

「あぁ、この日がきたか!」

とも思いました。


仕事上のストレスがこの3年くらい異常なほどに増えているなぁ。
大丈夫なんだろうか?
男の仕事なんてこんなもんで、誰でもこれくらいは頑張っているの?


そんなことをぐるぐると思いながら過ごしてきた結果がこれでした。


一緒に病院にいって、
これまでの過程を話そうとすると涙が出て説明できない夫に代わって
これまでの様子を説明して、診察を受けました。


結果は、うつ病と診断されました。

重度ではないということで数日休みを取るだけでも変わるかもよ?と
先生にはいわれましたが、

夫:休めません。誰も休んでません。有給なんで許可されません。

と繰り返し答えてました。

夫の上司のパワハラで有給をとるのは簡単ではありませんでしたからね。

でも、それだけじゃなくて、
夫として父親として、仕事上の立場として、男としてのプライドで
などなどで、「ぜったいに休んではいけない!!!」という
強い思いがあったんだと思います。


しかし、休まないので悪化していく現実もありました。

その結果、医師から2週間の休養を取得するように診断書が出されました。

☆不要な支出の断捨離に☆
無料の家計簿マネーフォワード


更新の励みになります!応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ


↓断捨離・収納片づけの参考にしてます

にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ収納・片付け
にほんブログ村 トラコミュ 断捨離でゆとり生活へ断捨離でゆとり生活
にほんブログ村 トラコミュ シンプルライフへシンプルライフ


広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示