ホーム節約術 ≫ 4人暮らしの電気代|2014年6月

4人暮らしの電気代|2014年6月

6月分の電気代の検針でした。
今月の電気代は 5,377円
2014年6月電気代

エアコンを使わない月なので
1年で最も電気代を抑えやすい月です。

↓励ましのポチッは心の糧ですw
 ブログランキング・にほんブログ村へ

ちなみに ひより家は
・幼児2人+夫+嫁の4人暮らし
・一軒家
・契約種別 従量電灯B
・契約容量 50A
・嫁(わたし)は基本的に昼間在宅

太陽光発電がはじまると
同時に以下の点を変更します。

・契約容量 現在 50A→発電開始時 60A

契約容量が50Aから60Aに変更する
電気の基本料金が280円上がります
安定した太陽光発電のある生活のためには
仕方ない出費かな~。

来月からは 太陽光発電の売電が検針で
確認できるようになりま~す
( ̄ー+ ̄)キラリ

↓訪問ありがとうございました。
↓太陽光発電の口コミがいっぱいで設置前も設置後も参考になります
 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

広告


関連記事

コメント

電気使用量少ないですね。羨ましい。
うちの場合の、深夜機器を除いた分の半分程です。

太陽光発電後は、昼間分がほとんど太陽光発電でまかなえるので、その値の半分位になるはず。
自己消費が少なければ、売電に回る電力も多くなり収入も増えるので、より節電に磨きがかかるのではないかとおもいます。

電気料金契約ですが、従量電灯Bが60Aで1864円ですが
タイムプランも検討の余地がありそうです。
基本料金6KVA以下1296円です。
7時から23時迄の電気料金が若干あがりますが、23時から朝7時迄は昼間帯の半額ほどになる。
昼型の生活でもご主人の出勤時間などにより7時前起きて朝食の準備や洗濯をされいてるご家庭は、結構メリットある。
太陽光発電で日中の消費量は減ります。
電気使用量のUP分より、基本料金削減分の効果の方が大きいと思われます。
契約変更後は最低1年つづけないといけないので、今回の契約で、1年過ごしながら、検討し、経済効果が10%以上でるようなら変えてみるとよいと思われます。
この変更は、中電が外の買電メーターを交換するだけで、工事費は無料です。
中電のwebに各プランてシュミレーションできるページがあります。
時間帯で電気料金が変わるので、深夜帯にどれだけ消費しているか、発電モニタの自己消費で確認して、各プランで比較すれば、より正確にコストメリットが計算できると思います。
詳しくは、中電のwebへ (私は、中電の回し者ではありません (笑; )

七転び | 2014.06.08 00:02 | URL












管理者にだけ表示