ホーム心の変化 ≫ 良い子であることを捨てる、怠け者であることを認める

良い子であることを捨てる、怠け者であることを認める

管理人にリアルであっている周りの人からは
「怠け者」という印象は持たれていないと思う。

・キチンと
・しっかり

そんなイメージが強いんじゃないかな。

↓断捨離のヒントならココ。
 ブログランキング・にほんブログ村へ


優等生な子ども時代



子どもの頃からずっと優等生であることを
母から強烈に求められて育った。

怠けている姿がみつかると
「殺されるんじゃないか?」ってくらいの勢いで
怒りくる母。

自分を守るために「優等生」であることを選ぶようにした。

自分が好きかどうか?よりも
母が「良い」と思うかが判断基準。

服も、本も、友達も、部活も進学も。

18歳ごろにそんな自分に疑問を感じて、
母と喧嘩したり、自分探しみたいなことをしてけれども、
わかったような、わからないような・・・で。

理想と矛盾した行動をとる自分



いろいろな自己啓発本を読んで、
ステップアップ式自分発見とかやってみても、

ほんとうに自分が欲しいと思っているのかが
よくわからない・・・

そんな状態を20年近くモヤモヤと過ごしてきました。

間食を止めようと思っているはずなのに、
逆にドカ食いをしてしまう。

節約しようと思っていたはずなのに、逆に高い無駄なものを買う。

子どもは家でのびのびしてほしいと思ってるはずなのに、
子どもが寛いでいる姿をみるとイライラする。

求めている理想像に向かって
努力しようとしているのに、
もう一人の自分がぶち壊すような矛盾した行動
(-"-)

なんだこれ?

一体なんだ?

わたしは怠け者じゃ!



ある日、ダイエットをしようと本気で思っているはずなのに、
翌日にはチョコレート2枚と、食パン1斤を一気食いして
気持ち悪くなっていたときに、気が付つきました。


あ、わたし怠けたかったんだ。


小さいころからずっと
「がんばらなくちゃ」
「きちんとしていなくちゃ」
「真面目にやらなきゃ」
と自分に言い聞かせてきた。

でも、

ほんとうのじぶんはダラダラしたかったんだ。

あぁ、わたしは怠け者なんだ。


そう思ったら、なんだか心がすごく楽になった。

あなたが本当に欲しいモノはなんですか?



ほんとうは自分が怠けたいのに、
子どもが怠けている姿をみて羨ましかったんだ。

ダイエットなんて頑張るんじゃなくて、
好きなだけお菓子を食べて、
ダラダラしてみたかったんだ。

モノが少ないと片づけないで済むから
シンプルライフが好きなんだ。

わたしは怠けるためにシンプルにしたい。

これが私の望み☆

カッコいいとか、おしゃれとかが理由ではない。

わたしは怠け者じゃ!!と

開き直ったら、「望み」が見えてきた。

開き直るって、気持ちがいい☆☆

☆不要な支出の断捨離に☆
無料の家計簿マネーフォワード


更新の励みになります!応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ


↓断捨離・収納片づけの参考にしてます

にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ収納・片付け
にほんブログ村 トラコミュ 断捨離でゆとり生活へ断捨離でゆとり生活
にほんブログ村 トラコミュ シンプルライフへシンプルライフ


広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示