ホーム太陽光発電の記録 ≫ 気温の上昇と太陽光の発電量は比例しません

気温の上昇と太陽光の発電量は比例しません

すでに猛暑ですね。
我が家は もう夏バテ気味。
暑さに負けて 昨日は エアコンを使ってしまいましたが
みなさまは いかがでしょうか。

昨日 エアコンをつけ涼みながらの会話

夫:あ~、早く太陽光パネル工事してほしいな。
  暑くなるほど たくさん発電してくれるんでしょ。

嫁:違うよ!猛暑だと発電効率落ちるんだよ。

夫:え、そうだっけ?暑い方がいいんでしょ?

↓励ましのポチッは心の糧ですw
 ブログランキング・にほんブログ村へ

太陽光の販売店からの説明に含まれていたはずですが
きちんと話を聞いていなかったのか 忘れたのか・・・
発電量がピークになる5月中のパネルの設置は無理だがOKですかと
契約時にも 確認されたじゃない・・・

太陽光パネルのメーカーのパンフレットやHPによると
気温が25度を超えると発電効率が低下していくのだそうですよ

ただ パナソニックの太陽光パネルは
アモルファスシリコンと単結晶シリコンのハイブリッド構造で
作られているので 従来の太陽光パネルよりも
温度による影響が小さいことが魅力なんですよね

わたしの中では パナソニックを選ぶ大きな理由の1つだったのに
主人は 年間発電量のシュミレーションしか みてなかったみたい
もうちょっと しっかりしてよと言いたくなる。
_| ̄|○

もっと詳しく知りたい人は
パナソニックの太陽光パネルが暑さに強いことを
グラフ化してあるので 公式サイトでご覧くださいませ

▲パナソニック公式サイト
  「パナソニック太陽光パネル 暑さへの強さをデータが実証

パナソニックの太陽光パネルが猛暑の中
どれくらいの実力をみせてくれるのか
実体験するのが たのしみです

↓訪問ありがとうございました。
↓太陽光発電の口コミがいっぱいで設置前も設置後も参考になります


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

広告


関連記事

コメント

こんばんは。工事日が近づいてきましたね。
ひとつアドバイスよろしいでしょうか?
工事のとき、パネルを持参してきますが、「パネルの出力特性値」を書面で確認したほうがよいです。
JISでは「出力値は公称値の±10%以内」の規定があります。言い換えれば、216Wのものでも納入されることがあります。
自分の場合、パネル納入時に工事に立ち会えずに悔しい思いがしました。あとで販売店から特性表を貰うことができました。悪運強く、最低でも243W、一番良いもので247Wのものがありました。
ひより様邸も、自宅も、8月は好発電が期待できます。(シュミレーション上)
雨が少なく、晴天日が多いので、HITの性能を十二分に発揮してくれるでしょう!

ムム犬 | 2014.06.02 22:16 | URL


パネルの出力特性情報ありがとうございます

ムム犬さん こんにちは。
パネル納入時に立ち会えますので
業者さんに「パネルの出力特性値」を確認しますね。
週末からは梅雨入りしそうな雰囲気になってきましたねぇ。

ひより | 2014.06.03 11:39 | URL












管理者にだけ表示