ホーム太陽光発電の記録 ≫ 日本で一番最初に太陽光発電を自宅に設置した人はだれでしょう

日本で一番最初に太陽光発電を自宅に設置した人はだれでしょう

日本で一番最初に太陽光発電を自宅に設置した人
知ってますか?

日本で一番最初に太陽光発電を自宅に設置し
さらに その余剰電力を売電したのは
三洋電機社長の桑野さんだそうです
(三洋電機は現在 パナソニックに統合)

みなさんは ご存知でしたか?

↓励ましのポチッは心の糧ですw
 ブログランキング・にほんブログ村へ

大阪府交野市にある
この日本初の太陽光発電システムは
「桑野太陽光発電所」と呼ばれているそうですね

桑野太陽光発電所を設置したのは
なんと 1992年!!

しかも 20年間 ソーラーパネルはもちろん
パワーコンディショナーも
一度も故障していないらしい


台風だって 地震だって
ありましたよね~
すごいなぁ~

桑野さんが社長なのでメンテナンスも
しっかりしているのでしょうね~。

太陽光発電システムの故障に関する数字では

10年以内に交換する確率は13%

なんていうユーザーとしてはうれしくない
データもあるらしいですねぇ。

長く使い続けるために 自分ができることは
メンテナンスがしっかりしている業者選び
発電量のチェック&記録くらい。

小さなことですが これが
10年後 20年後
「太陽光発電をはじめてよかったね」と
笑うためには 大切なポイントなんでしょうね~。

*--------------------+-----------------+------------*

 まとめ


  20年も故障なしで稼働している
  太陽光発電システムもある
   10年で故障するシステムもある
*--------------------+-----------------+------------*
↓最後までお読みいただき ありがとうございました
↓太陽光発電の口コミがいっぱいで設置前も設置後も参考になりますよ
 にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示