ホーム節約術 ≫ 引っ越し費用を安くする簡単な4つの方法

引っ越し費用を安くする簡単な4つの方法

義理の妹が先週入籍しました。

が、新居への引っ越しは「まだ」。

仕事の都合やらで忙しく準備できてないんだとか・・・

そんな義理の妹と引っ越し代を安くするコツを
話したので、それをまとめておきます。

↓掃除&片づけのブログならココ。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

引っ越し荷物を減らす


これは絶対ですね。

新居で不要な家具については
引っ越し前に処分しちゃってください!

義理の妹のパターンは、
現在、一人暮らしの二人が
一緒に生活をはじめるというモノ。

洗濯機、冷蔵庫など
生活必需品の家電の多くが
不要になるはず。

これらを計画的に処分することで
かな~り費用が抑えられます。

引っ越しの日程に余裕をもたせる


引っ越しの業者が忙しい2月~3月ですよね。
この時期は通常の引っ越し料金よりも
3~5割増しになるそうです。

この中でも、土日はさらに高い!

ってことは、2~3月を避ける。
土日を避けることで安くなります。


業者によっては、
「この日は予約がなくて・・・もしよかったら・・・」
なんて特別値引きが可能なパターンもある。

できるだけ日程&時間に余裕があるほうが
安くなりますよ~。

引っ越し業者の相見積する


わたしが引っ越しをしたとき、
引っ越しの見積りで現地確認してもらうたびに言われました。

「他社でも見積りとってますか?」
「今すぐうちで契約してくれたら○○円引きします。」

引っ越し業者によって
価格も違うし、サービスも違いました。


我が家の引っ越しの場合では、

■午前のみで終わらせるのか、午後からでもOKなのか?

■引っ越し先の道路が狭いので、2tトラック2台で運ぶか、
4tトラックで10m離れた場所に停めて運ぶか?

■移動距離は1時間と短めだったので、2tトラックを2往復させるか?

なんて見積り前では予想できなかった交渉がいろいろとありました。

見積りして、とても勉強になりましたねぇ~。

早めに見積りをする!


早めに見積りをとり契約すると
早期割引してもらえる業者が多数あります。

引っ越しが決まったら、
とりあえず見積りするのがおススメです。

後で荷物の量が変わったら都度連絡すればOKですよ。

引っ越し費用を安くする方法まとめ



以上のまとめをすると・・・

1)引っ越し荷物を減らす

2)引っ越しの繁忙期を避ける

3)引っ越し業者の相見積する

4)早めに見積りをする

引っ越しは引っ越し費用以外にも
引っ越し当日は荷物を整理する暇がなくて
外食で済ませたり、
スーパー銭湯を利用したりと
出費がかさむんですよね。

でも、安ければ何でもいいってわけではないし。
(荷物を壊されては元も子もない)

いい引っ越しができるといいですね(^_^)v




広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示