ホーム太陽光発電の記録 ≫ 太陽光発電の10年後、20年後のお得額をシュミレーション

太陽光発電の10年後、20年後のお得額をシュミレーション

太陽光発電の見積りの時に
販売店さんからの説明で、
「太陽光発電を導入した場合の
電気代に関する月々の支払額と、
導入しなかった場合の月々の支払額が
同じなら太陽光発電を導入した方が
得だと思いませんか?

という説明に納得して、導入を決意した
我が家です。

わかりやすくするために、図と実際の
運用結果を記録しておきますね。

↓太陽光発電の本音ならココ。
にほんブログ村 トラコミュ 太陽光発電へ
太陽光発電

【PR】《全国対応》太陽光発電無料一括見積り~他サイトより高けれはご一報ください~

10年間で支払う電気代を計算しよう

太陽光発電の導入前の月平均の電気代は6500円。
年間電気代は6,500円×12か月=7.8万円

太陽光発電の初期投資額は250万円でした。
シュミレーションでの年間売電額は23万円。
太陽光発電導入後の買電費用(夜間などの電気代)は
我が家の場合、導入前の約60%なので
7.8万円×60%=4.7万円として計算しました。

太陽光発電のお得額
10年間の支出として計算してみると
太陽光発電を導入しないケースで78万円の支出。
太陽光発電を導入したケースだと67万円の支出。

支払額の差額は9万円で、
さらに太陽光システムも手に入る計算となります。

災害時の備えにもなるし、環境面でのメリットもある。
そのうえ、経済面でもプラスになるんですよね。

11年目~20年目の電気代をシュミレーション

上記のシュミレーションだと初期投資は
10年あれば十分に回収できます。

11年目以降は電気の買取価格変わります。
※10kw以下の太陽光発電の買取額保証期間は10年です。
仮に11円に買取価格が下がったと仮定して計算してみます。

太陽光発電のお得額11年目以降

買取価格が下がっても年間で3.3万円の利益が予想できます。
発電システムがない場合は、電気代を
支払続けるので78万円のマイナス収支。

その差額は111万円になります。

パワーコンディショナなど一部の機器の
買い替えに20万程度の支出が
予想されていますが、それを加えても得ですよね。

10年後は息子が高校生になります。
出費が予想される頃には収入源の1つとなる予想♪

我が家の場合、初期投資に250万円使っていますが
もっとしっかり比較見積りすれば
60万円も安く導入できたことが後になって
発覚したりしてますし、
うちなんかよりも、もっともっとお得に
太陽光発電をはじめることは可能
だと思いますよw
太陽光発電導入後に再度シュミレーションした感想

やっぱり太陽光発電を導入する決意は正しかった
( ̄ー+ ̄)キラリ

↓太陽光発電の安くて良い業者と出会うには
↓複数業者の見積りを取るべし。



《全国対応》太陽光発電無料一括見積り
 ~他サイトより高けれはご一報ください~


広告


関連記事

コメント











管理者にだけ表示