ホーム部屋の断捨離(住) ≫ リビングに散らかったおもちゃを子どもと一緒に断捨離したよ

リビングに散らかったおもちゃを子どもと一緒に断捨離したよ

子どものお片付け
こんにちは。
お片付けをしてくれない子どもを叱りつけ、
イライラしどおしの毎日に終止符を打ちたい、ひよりです。
過去記事でも自分の怒りやら分析やらを書いてきました。
過去記事:片付けしない家族に腹が立つ理由
過去記事:「片付けしない家族に腹が立つ」の解決策(案)

しかし、成果は出てません(T_T)

そもそも片づけ完了の基準が違うのでケンカの原因になるんです。
上の写真は息子にとっては「お片付けが完了している」状態です。
わたしからみると「散らかっている」状態。

わたしの思う、片付いたお部屋にしたいのであれば、わたしが片づけるしかないようです。
だんだん「あきらめ」られるようになってきました・・・。

↓オウエンシテネ(^O^)
ブログランキング・にほんブログ村へ 

夏休み、工作大好きな息子が部屋を散らかし続けています。
部屋が汚部屋になってしまっており、15分だけの片付けなどでは収拾がつかない状態になってしまったので、リビングにあるおもちゃを一気に断捨離しました。
Step1 すべて出す

リビングに散らかっているおもちゃ
床に散らばっていたモノをすべて一カ所に集めました。
さすがに、子どもたちも「うわ~!!」っと驚いていました。

Step2 要・不要に仕分けする

子どもに1つ1つ確認をとりながら作業を進めました。
落書きや工作に使った紙類がほとんどだったので、可燃ごみ袋にどんどん捨てました。
保存しておきたい紙はクリアファイルに収納していきます。
本は本棚に戻しました。
2階の子供部屋から持ってきているブロックなどのおもちゃは部屋に戻します。

Step3 家の外に出す

おもちゃの収納に空きができました
大きな可燃ごみ袋いっぱいに詰まった紙ごみは、ごみ袋にまとめて玄関へ移動しました。
これで捨て忘れる心配がなくなりました。
※実際にゴミの日に捨てました。
お部屋がスッキリしました~。
子どもも、わ~い広い~と喜んでましたw

Step4 戻す

床がみえました
必要と決まったモノをもとに戻します。
棚に空きスペースができ、床からモノがなくなりました。
収納グッズを工夫すれば、インテリア雑誌にのっているようなおもちゃ収納も夢じゃないかも♪なんて思えるレベル、かな?

断捨離後、片付けが楽になりました

断捨離に費やした時間は1時間でした。
正直疲れましたが、片付けがラクになりました。

一緒に片付けをしたので、どこに何を戻すのか覚えていてくれるので、モノがどこにあるのか聞かれることが減りました。
モノが減ったので片づけもスムーズ。
ガラクタを捨てただけなので、
これまでと同じように遊ぶことができます。

子どもといえど他人。判断基準は違うのよね

ただ、子どもたちのお片付け完了の基準は、
「モノが床に5・6個くらい落ちていてもOK」というレベル。
わたしは、「床に落ちているものはすべて拾う」という考え方です。
この違いがお片付けに関するイライラの原因なんですが、この違いは「仕方がない」とあきらめるべきなのかも。

1つも片づけないのは叱るべきだと今も考えていますが、6割でも片づけたら、子どもを褒めてもいいかもしれない

残りの散らかっているモノは、ママであるわたしが片付けるくらいで、ちょうど良いのかも。

わたしが、疲れていたら
床に散らかっているモノを片づけるよりも、
じぶんを休ませることを優先すべきなのかも
しれないと考えられるようになってきました。

広告


関連記事

コメント

はじめまして。
ブログ村からきました。
この夏休み
散らかし放題の子どもたちにイライラしていましたが
ひよりさんのこの記事を読んで納得!
「片づけ完了の基準が違う」んですよね。
これに気づかせてもらったおかげで
イライラ軽減しそうです。
ありがとうございます^^
さっそく我が家も
子どもたちと共に断捨離してみたいと思います!

hurry | 2014.08.05 11:07 | URL


ありがとう!

hurryさん、コメントありがとうございます。
共感してもらえて、すごくすごく嬉しいです!

でも、わたしもまだまだ
イライラが完全になくなったわけではありません。
子育てのイライラにサヨナラするべく奮闘中デス。

ひより | 2014.08.05 14:47 | URL












管理者にだけ表示